八鹿の家

%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s

八鹿の家

とにかく大きな土間が欲しい。
外も中も一緒くたになったような、そんな内外が連続した家にして欲しい。
そんな要望と共に始まった家づくりは山の中、どこに建てようかという話から始まりました。
窓からは自然以外何も見えない、そんな敷地ではいかにその景色が良く見える家にするか、ということが大事だと考えました。大きな土間、大きな開口、そして大きな景色。大きな土間は親戚の家へとつながる裏口へと続き、家族と家族をつないでいます。大きな開口は土間と大きな景色の間を遮ることなく繋ぎ、また中で過ごしている人と外で過ごしている人とを繋ぎます。中のことを外でしているような、また外のことを中でしているような。そんなうまく定義できない曖昧さを大事にした住まいです。

 

建設地:兵庫県養父市

1/5