加古川の家

%s
%s
%s
%s
%s

加古川の家

南には住宅密集地、北には畑の広がる敷地での住宅計画です。
「南に窓を」これを一度疑うことで、豊かな空間がつくりだせないかと考えました。
北側の窓は低く、南側の窓は高い位置に。
これにより生活しながら見える景色は広がる畑、光りをもたらす青い空となり、ここが住宅密集地であることを忘れさせてくれています。
南の窓が高い位置にあることで内部には周囲の住宅に遮られることなく光が注ぎ、北側にはトップライトを設けることで家全体が一日を通して豊かな光に溢れた空間となっています。
何も無かった時よりもそこにこの住宅建ってからの方が環境が豊かに感じられる、そんな建築を目指しました。

 

計画地:兵庫県加古川市

1/5