神戸岡本の家

%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s
%s

神戸岡本の家

今は神戸から離れた寒冷地にお住まいの施主夫婦が冬季を中心に過ごされるご実家の改修計画です。
これまでにも二度の増改修が行われ、これで三度目となる改修工事。
古いものを全て取り換えたり隠したりすることなく、かつての記憶を今に繋ぎながらも新たな過ごしやすい空間を目指しています。
二階の天井に設けられた大きな天窓からの光は、半透明の二階の床を介して一階の土壁に降り注ぎます。
周囲を近接した家々に囲まれた立地ではありますが、この天窓、そして和室に設けられた唯一の採光面となる障子からの光が一日を通して優しく室内に注ぎます。
元々は三つの部屋に分けられていた間取りを一続きにし、キッチン、ダイニング、居間、書斎とコンパクトながらも四つの居場所をゆるやかにつないでいます。
キッチンカウンター、構造上必要な補強梁や窓廻りの垂れ壁等によりそれらの空間をいくつかの層にゆるやかに分節することで、一続きの空間ながら奥行きを感じられる計画としています。
 
ブログリンク:神戸岡本の家
 
建設地:兵庫県神戸市

1/5