日々のこと

どこに住むか Where to live?

2012/10/15

「住む」ということを考えたときに、関わってくることが三つある。
「どんな家に」住むか、「どのように」住むか、そして「どこに」住むか。
東孝光という建築家が居る。東氏の自邸は東京の青山三丁目交差点のすぐ近く、一軒家があまり無いような地域に建っている。
一等地である為に敷地は6坪(20㎡)、その敷地目いっぱいの大きさがそのまま地上と地下、合わせて6層に重なっている。そしてかつてはここに家族三人で暮らしていた。
向かいの植木屋に用があった際にたまたま発見したことがあるが、数字で感じるよりもはるかに小さい家であった。
東氏は「家に足りない機能は都市に依存すればよい」と確か言っていたと思う。
外にご飯を食べに行ったり、喫茶店で本を読んだり、外に遊びに行ったり。
そしてこれは個人的な見解だが、その方が人が街に出て、人と人が触れ合う機会が自ずと増えることにもつながるのではないか。
そしてそれは互いの有意義な都市生活をもたらしてくれる。
「どこに住むのか」、それを軸に東氏は「どんな家」に「どのように」住むのか、と考えていった。
私たちも今は割と都会に住んでいる。都市に住むことは空間の大きさの面では不自由を伴うが、時にそれでも有り余るほどの楽しさ、恩恵をもたらしてくれる。

一度どこかに住み始めると、「どんな」や「どのように」はある程度は可変だけれども、「どこに」は動かし辛い。
だからこそ「どこに」というものは大事であるし、そしてまたその「どこに」が他の色々な創作活動とは異なった面白さを建築に与えてくれているのではないかと今考えている。

There are three things that will be concern when we think about “to live”.
Live in “What sort of house?”, “How?” and “Where”.
There is an architect whose name is Takamitsu Azuma.
His house is located in the center of Tokyo near Aoyama area, where there are not so many single houses due to the expensive land prices.
The lot area of it is 20sqm, the house is consist of 6 stories and each floor shape is almost exactly the same size as the land itself.
Once, Azuma lived in this house with his wife and daughter.
I’ve visited it before but it is far smaller than I assumed from the number of 20sqm.
Once he said, “Insufficiency of the life in the house can be rely on the city.”.
Going out for a lunch, go to cafe to read a book, etc…
And I think it let people out of their house and stimulates the social communication.
It will brings us a mutual delightful urban life
“Where to live?”, this is the first thing he decided, then he started to thinking the shape of the house, and how to live with it.
Currently, we live in the urban area. It brings us inconvenience in terms of the size of the space to live, but we can have joy to worth it.

Once we live in somewhere, we can change the shape of the house and the way we live, but It is not so easy to change where to live.
That is why, “where to live” is very important, and it is the fundamental fact that constitute architecture as architecture.

Photo: The view from our office at dusk.