日々のこと

灯台下暗し The darkest under the lamp post

2013/10/15

いつもは行かない西の方へ散歩の足を進めてみた。
凄く穏やかな風景が広がるところがあったり、凄く厚さが薄い建物があったり、どうやって買うんだろうっていう鉄格子に囲まれた自動販売機があったり、凄く凄く近所にびっくりするくらい店が密集しているアーケードがあったり、たまに行ったことのある公園の真ん中に神戸の街がちょっとした別世界に見えるような丘があったり、本当に小さな、でもたくさんの驚きがあった。
移動した距離は家から半径1.5kmくらいなのだけれども、もしすべての道を歩くことができるなら、もっともっとたくさんの物や事を見つけることができるだろう。
もしそんなことをしたらものすごい時間がかかることだろうけど。
そのすべてで人が生活しており、またほとんどのものを人がこしらえてきた。
知ってるつもりになっている近所の街だけれども、その「厚み」というのか、「深み」というようなものというのは自分が思っているよりもはるかに途方もなく厚く、深い。

We took a walk to the west which we haven’t been that much.
There was a very calm corner, very thin building, vending machine protected by iron bars which hardly imagine how to buy a drink, very narrow shopping street with cluster of tiny shops.
Also we found there is a hill we can overlook the city of Kobe at the center of a park which we rarely visit.
The trip was full of tiny surprises.
It was only within a 1.5km radius from our house and if we could take a walk at every street in the area, we could find more surprises if we took longer walk.
But would takes a certain amount of time if we actually do it.
All those streets and corners were created by people and people are living in them.
We convincing that we know neighborhood well but I guess the depth or the thickness of them are far deeper and thicker than we are assuming.

Photo: The thin building in our neighborhood.