日々のこと

どん底 Nadir

2013/07/29

期待されていた方には申し訳ないが、我々のことではない。店の名前である。
入ったら喪黒福造に出会えそうなただならぬ雰囲気。
都市には怪しさや危なさ、もしくはそれを臭わせる雰囲気が必要で、それらが都市の深みを生み出している、と考えている。この店のように。
どういう経緯でこの名前が付いたのかは分からないけれど、こんな名前を付ける強さを持っていたオーナーは少なくともその時どん底ではなかったのだろうな、と密かに考えている。
忘れたころに一度入ってみたい。ちなみにサブタイトルでは「洋酒喫茶」と書かれていた。
んん~~、気になる。

We are very sorry to whom expected, the title is not about ourselves but just a name of a cafe.
It has an atmosphere that Warau salesman, a famous cartoon character is there.
I’ve been thinking city needs certain amount of danger and mysterious atmosphere and they produce the certain depth of the cities. Just like this cafe exists.
I’m not sure why and how the owner of it decided to name the cafe so, I’m assuming that the owner who had the strength to name the cafe “Nadir” was not at the nadir of his life.
We’d like to get in it one day.
By the way, the subtitle of the cafe goes as “Wine and spirits cafe”.
Mmmmm…. gotta try once!

Photo: The entrance of the cafe “Donzoko=Nadir”.