日々のこと

模型 Models

2013/12/27

模型のパーツを切り終えてそれらを組み合わせ始めるとそこに生まれる雰囲気を想像して無性に楽しくなる瞬間がある。
ジオラマ模型を作る時の感覚にもとても近い。
レゴを作る感覚ともとても近い、というか同じものかもしれない。
それらは往々にして現実よりもかなり小さいスケールで作られるために色々な情報が省略され、そこに想像の入り込む余地ができる。
その小さいものを見ながら、模型自体を愛でるのではなく、その先にある何かを愛でているのだと思う。
出来上がった建築やモノたちであっても、そういった余地のあるものが作れれば本望だな、と思う。

While I’m making architectural models, sometimes there is a moment that we imagining the space it creates and feel so delightful.
The feeling is pretty similar to when we make model diorama, or playing with LEGO blocks.
The spaces and the world they create are less detailed than the actual objects, there are spaces that imagination can get in.
We must enjoying not the models themselves but something we imagine beyond (or maybe through) them.
We wish to design and create architectures and others which are leaving the spaces for those imaginations.

Photo: A model in a shopping mall near our house.