日々のこと

ピンチブロック Pinch Block

2012/10/22

古民家の改修でピンチブロックという商品を検討している。
いったいどんなピンチを救ってくれるものなんだ!!??と思われるかもしれないが、実際にはそういう商品ではない。
ピンチブロックという商品は、建具やサッシと枠の隙間を埋めるもので、引き戸や開き戸を閉める際に枠との間に挟まって、ブチュ、っと隙間を埋めてくれるゴムの様なもので、改修に際しては建具の隙間を埋めるためのパッキンの役割を果たしてくれる。
かつては黒いゴムの製品しかなかったのだが、最近ではホワイトや透明、そして摩擦が障害となる部分においては強靭ななスライド加工を施したものがあったりと、ラインナップはジワジワと増えてきている、と思う。
建築物の中ではかなり脇役に当たるこの商品であるが、名前のせいか、なぜかとても心に残る商品である。
身の周りでもし見つけたら、「あ、ピンチブロックだ!」と心の中で叫んでみていただきたい・・・

We are considering to use an item called “Pinch block” for an old house renovation project.
How does it block pinching!?!? …. You may wonder so but it is not a kind of item like so…
Pinch block is an item to seal the gap between fittings and frames.
The product lineup was only a black rubber before, but currently they have white and clear color, and a special coated version to smoothen the rubber for sliding doors.
They are far minor item in whole architectural items, but it always stays in my mind all the time probably because of its impressive naming…

Photo: The product “Pinch Block”.