日々のこと

地蔵盆 Jizo-bon

2013/08/26

都会の中の、ささやかな地蔵盆。
近くのコンビニと同じビールをなぜかわざわざここで買い、クーラーが効いてる自分の家が歩いて一分なのに外でたこ焼きと共に楽しんでしまう。
そんな便利や効率を超えた大事なものがそこにはあり、集まる人々もそれを知っている。
我々にとってはいつも見下ろす花隈公園。20mほどの石垣の上にあるので、地域の人にはいつも見上げる公園。
だから同じ空間でビールを飲んではいるけれど、この公園の空間認識には大きな違いがあるだろう。

私は埼玉育ち。そこでビール飲んでるオッチャンは神戸育ち?かもしれない。
私は周りをビルに囲まれたこの公園しか知らない。でも昔はここから海が見えたかもしれない。
人生の期待に満ちてこの場にいる人もいれば、途方に暮れている人もいるかもしれない。
同じ時間と空間を共有し、同じものを食べ、同じ物を見ているけれど、その風景がもたらす心象は、受け手の状況、歴史によって実は全く違ったものなのかもしれない。
同じビールの味だって、違って感じられるのかもしれない。
この写真の風景は永遠に続く夜の一コマに見えるかもしれないけれど、私の目には直後に降った大雨前の一瞬のはかなくも輝く一コマに映っている。

A Jizo-festival in a corner of a town.
We drink beer which is exactly the same beer as we can get in the convenience store, we eat Takoyaki on the outside though there is our comfortable room with air-conditioning.
There was something precious beyond those handiness and people who came here knew it by nature.
Hanakuma park is the park which always looking down from above, but it is on a 20m height stone wall, people always looking it up.
We are drinking and eating the same things on a same place but there must be a huge difference in space perception.
I grew up around Tokyo, a middle aged man next me must be grew up around Kobe.(?)
I know this park surrounded by tall buildings but in some history, people could see the port of Kobe from this park.
Although we are sharing the same time, space, eating the same thing and looking at the same things, but the mental pictures we see may different somehow.
You might regard this picture as a night which never ends. But for me, it looks like a shining moment just before suspension because of a heavy rain.

Photo: Jizo-bon at Hanakuma park, Kobe.